コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢集蟲麻呂 やずめのむしまろ

世界大百科事典 第2版の解説

やずめのむしまろ【矢集蟲麻呂】

奈良時代の学者。生没年不詳。箭集,虫麻呂にもつくる。721年(養老5)明法(明法道(みようぼうどう))の功により塩屋吉麻呂とともに恩賞をうけた。ときに正六位上。のち外従五位下に昇叙される。養老律令撰修に加わり,功田5町を下賜された。732年(天平4)9月大判事に任官し,同年10月大学頭に遷任している。《懐風藻》に漢詩が2首とられている。詩才もある法律の大家で,《藤原家伝》下に当時の宿儒の一人とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

矢集蟲麻呂の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android