矢集蟲麻呂(読み)やずめのむしまろ

世界大百科事典 第2版の解説

やずめのむしまろ【矢集蟲麻呂】

奈良時代の学者。生没年不詳。箭集,虫麻呂にもつくる。721年(養老5)明法(明法道(みようぼうどう))のにより塩屋吉麻呂とともに恩賞をうけた。ときに正六位上。のち外従五位下に叙される。養老律令撰修に加わり,功田5町を下賜された。732年(天平4)9月大判事に任官し,同年10月大学頭に遷任している。《懐風藻》に漢詩が2首とられている。詩才もある法律の大家で,《藤原家伝》下に当時の宿儒の一人とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる