コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢集蟲麻呂 やずめのむしまろ

1件 の用語解説(矢集蟲麻呂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やずめのむしまろ【矢集蟲麻呂】

奈良時代の学者。生没年不詳。箭集,虫麻呂にもつくる。721年(養老5)明法(明法道(みようぼうどう))の功により塩屋吉麻呂とともに恩賞をうけた。ときに正六位上。のち外従五位下に昇叙される。養老律令の撰修に加わり,功田5町を下賜された。732年(天平4)9月大判事に任官し,同年10月大学頭に遷任している。《懐風藻》に漢詩が2首とられている。詩才もある法律の大家で,《藤原家伝》下に当時の宿儒の一人とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢集蟲麻呂の関連キーワード劉徽公羊高『荘子』占部虫麻呂刑部虫麻呂川原虫麻呂下毛野虫麻呂引田虫麻呂村国虫麻呂矢集虫麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone