知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ(読み)ちしゃはみずをたのしみ、じんじゃはやまをたのしむ

故事成語を知る辞典の解説

知恵のある者は活動的で、思いやりのがある者は落ち着いている、ということ。

[使用例] 彼は山をたのしむの仁者たるよりは水を楽むの智者たるを喜べり。彼は安心立命を求むるの達人たるよりは、一生奮闘を継続するの戦士たるを選べり[鳥谷部春汀*明治人物月旦|1898]

[由来] 「論語よう」の一節から。「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ(たとえるなら、知恵のある者は水を楽しみ、思いやりの徳がある者は山を楽しむものだ)」のあとに、「知者は動き、仁者は静かなり」と続いています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android