コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥谷部春汀 とやべ しゅんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥谷部春汀 とやべ-しゅんてい

1865-1908 明治時代のジャーナリスト。
元治(げんじ)2年3月3日生まれ。島田三郎が社長の「毎日新聞」記者をへて,明治28年近衛篤麿(このえ-あつまろ)の「精神」(のち「明治評論」)主幹。30年博文館にうつり,雑誌「太陽」で人物評論を担当し,好評をえた。明治41年12月21日死去。44歳。陸奥(むつ)三戸郡(青森県)出身。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は木村。本名は銑太郎。著作に「明治人物評論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥谷部春汀

没年:明治41.12.21(1908)
生年:慶応1.3.3(1865.3.29)
明治時代のジャーナリスト。陸奥国(青森県)三戸郡五戸村蛯川生まれ。本名・銑太郎。父は盛岡藩士木村忠治,母りわ子。母方の鳥谷部を継ぐ。青森専門学校農芸科卒業後,小学校教諭を経て,明治24(1891)年東京専門学校(早稲田大学)英語科,政治科を卒業。25年,島田三郎の毎日新聞社に入社。28年から『精神』(のち『明治評論』)の編集・経営に当たった。30年,博文館に入り,雑誌『太陽』の記者となった。その後,一時期『報知新聞』に在籍したが,晩年まで『太陽』の編集に携わった。特に,人物評論の分野で活躍した。<著作>『春汀全集』全3巻<参考文献>木村毅編『明治人物論集』(明治文学全集92巻)

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とやべしゅんてい【鳥谷部春汀】

1865‐1908(慶応1‐明治41)
明治期のジャーナリスト,評論家。青森県三戸郡五戸町出身。本名銑太郎。東京専門学校(現,早稲田大学)卒業後,1892年島田三郎に認められ毎日新聞記者となる。近衛篤麿の知遇を得て,95年雑誌《精神》の主幹となり,後に彼の文筆活動の本領となる〈人物月旦〉をはじめる。その後《太陽》《報知新聞》の記者を経て,1902年再び《太陽》に戻り,これを主宰する。みずからの好憎によって筆をまげることのない公平な人物評論によって,〈春汀即人物評論,人物評論即春汀〉との印象を強くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥谷部春汀の関連キーワード鳥谷部銑太郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android