コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥谷部春汀 とやべ しゅんてい

3件 の用語解説(鳥谷部春汀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥谷部春汀 とやべ-しゅんてい

1865-1908 明治時代のジャーナリスト。
元治(げんじ)2年3月3日生まれ。島田三郎が社長の「毎日新聞」記者をへて,明治28年近衛篤麿(このえ-あつまろ)の「精神」(のち「明治評論」)主幹。30年博文館にうつり,雑誌「太陽」で人物評論を担当し,好評をえた。明治41年12月21日死去。44歳。陸奥(むつ)三戸郡(青森県)出身。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は木村。本名は銑太郎。著作に「明治人物評論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥谷部春汀

没年:明治41.12.21(1908)
生年:慶応1.3.3(1865.3.29)
明治時代ジャーナリスト。陸奥国(青森県)三戸郡五戸村蛯川生まれ。本名・銑太郎。父は盛岡藩士木村忠治,母りわ子。母方の鳥谷部を継ぐ。青森専門学校農芸科卒業後,小学校教諭を経て,明治24(1891)年東京専門学校(早稲田大学)英語科,政治科を卒業。25年,島田三郎の毎日新聞社に入社。28年から『精神』(のち『明治評論』)の編集・経営に当たった。30年,博文館に入り,雑誌『太陽』の記者となった。その後,一時期『報知新聞』に在籍したが,晩年まで『太陽』の編集に携わった。特に,人物評論の分野で活躍した。<著作>『春汀全集』全3巻<参考文献>木村毅編『明治人物論集』(明治文学全集92巻)

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とやべしゅんてい【鳥谷部春汀】

1865‐1908(慶応1‐明治41)
明治期のジャーナリスト,評論家。青森県三戸郡五戸町出身。本名銑太郎。東京専門学校(現,早稲田大学)卒業後,1892年島田三郎に認められ毎日新聞記者となる。近衛篤麿の知遇を得て,95年雑誌《精神》の主幹となり,後に彼の文筆活動の本領となる〈人物月旦〉をはじめる。その後《太陽》《報知新聞》の記者を経て,1902年再び《太陽》に戻り,これを主宰する。みずからの好憎によって筆をまげることのない公平な人物評論によって,〈春汀即人物評論,人物評論即春汀〉との印象を強くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥谷部春汀の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト小林雄一佐藤密蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥谷部春汀の関連情報