コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安心立命 あんじんりゅうみょう

6件 の用語解説(安心立命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安心立命
あんじんりゅうみょう

あんしんりつめい」とも読む。安心は仏教用語,立命は儒教の用語。すべてを絶対のものにまかせて,心が動揺しないこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんしん‐りつめい【安心立命】

あんじんりゅうみょう(安心立命)

あんじん‐りゅうみょう〔‐リフミヤウ〕【安心立命】

人力を尽くしてその身を天命に任せ、どんな場合にも動じないこと。あんしんりつめい。
「その神からの授かりもの、解脱(げだつ)と―の種子を」〈長与竹沢先生と云ふ人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんしんりつめい【安心立命】

あんじんりゅうみょう【安心立命】

( 名 ) スル
〔「あんじんりつめい」 「あんしんりつめい」 「あんじんりゅうめい」とも〕
信仰によって心を安らかに保ち、どんなことにも心を乱されないこと。初め儒学の語であったが、のちに主として禅宗の語として使われ、その後、広く使われるようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安心立命
あんしんりつめい

安心は仏教語で、安らぎを得、落ち着いた穏やかな心に達した究極の境地をいい、ニルバーナnirva(涅槃(ねはん))と称した。立命は、儒教の『孟子(もうし)』のことばの転用で、天命による本性をまっとうすること。人力を尽くして仏道を実践し、わが身を仏法にゆだね、なにものにも心を揺るがされない安定した心のあり方をいう。「あんじんりゅうみょう」とも読み、安身立命とも書く。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安心立命の関連キーワード運任せ運を天に任せる数を尽くす気を尽くす人事を尽くして天命を待つ忠義天道任せ身を尽くす数を尽くして力を尽くす

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安心立命の関連情報