安心立命(読み)あんじんりゅうみょう

  • あんしんりつめい
  • あんじんりゅうみょう ‥リフミャウ
  • あんじんりゅうみょう〔リフミヤウ〕

大辞林 第三版の解説

スル
スル
あんじんりつめい あんしんりつめい あんじんりゅうめいとも
信仰によって心を安らかに保ち、どんなことにも心を乱されないこと。初め儒学の語であったが、のちに主として禅宗の語として使われ、その後、広く使われるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安心は仏教語で、安らぎを得、落ち着いた穏やかな心に達した究極の境地をいい、ニルバーナnirva(涅槃(ねはん))と称した。立命は、儒教の『孟子(もうし)』のことばの転用で、天命による本性をまっとうすること。人力を尽くして仏道を実践し、わが身を仏法にゆだね、なにものにも心を揺るがされない安定した心のあり方をいう。「あんじんりゅうみょう」とも読み、安身立命とも書く。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 儒教で、人力を尽くしてその身を天命に任せ、どんな場合にも落ち着いていること。天命を知って心を平安に保ち、むやみに心を動かさないこと。仏教では、「あんじんりゅうみょう(安心立命)」と訓み、主に禅宗で、悟りの境地に到達して真の心の安らぎを得、主体性を確立すること。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八七「何程安心立命(アンシンリツメイ)の地の定まらず頼みなき身を歎けばとて」 〔天目高峰禅師‐示衆語〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

人力を尽くしてその身を天命に任せ、どんな場合にも落ち着いていること。天命を知って心を平安に保ち、くだらないことに心を動かさないこと。

[活用] ―する。

[使用例] それはよく考えると自己弁解的でもあったが、とにかく彼はそこに安心命していたといってよかった[金達寿*後裔の街|1946~47]

[使用例] この寺の檀家ですが、あんな苦しみを知らない男も、ちょっと他にないでしょう。すべて親からあたえられ、安心立命の境地にいるらしい[立原正秋*冬のかたみに|1975]

[解説] 元来、儒教でいう語。仏教では、「あんじんりゅうみょう(安身立命)」と読み、主に禅宗で、悟りの境地に到達して真の心の安らぎを得、主体性を確立すること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android