仁者(読み)ジンシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐しゃ【仁者】

〘名〙
の徳を備えている人。孔子、または儒教の説く「仁」を実践する人。また、仁の道に到達した人。仁人。
※凌雲集(814)九月九日待宴神泉苑各賦一物得秋山〈菅原清公〉「仁者楽之何所寄、国家襟帯在西東
※太平記(14C後)三〇「高倉殿は元来仁者の行を借て、世の譏(そしり)を憚る人也ければ」 〔易経‐繋辞〕
② 情け深い人。博愛の人。
※天草本伊曾保(1593)炭焼と洗濯人の事「Iinxa(ジンシャ)ヲ トモニ シヨウ ヒトワ、ワルイ モノニ トヲザカラズンバ」
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)一「仁者(ヂンシャ)に刃向ふ釼(つるぎ)もなくすごすご立って行綱は」
③ (「仁」とともに漢訳仏典で対称の代名詞のように用いられる。ふつう「にん」「にんじゃ」と読む) 仏語。きみ。なんじ。→にんじゃ(仁者)

にん‐じゃ【仁者】

〘名〙 (「仁」とともに漢訳仏典で、対称の代名詞のように用いられる) 仏語。相手を呼ぶ語。きみ。なんじ。じんしゃ。にん。
霊異記(810‐824)中「爰に吾問ひて曰はく仁者は誰人ぞといふ」 〔維摩経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android