コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知行制 ちぎょうせい

大辞林 第三版の解説

ちぎょうせい【知行制】

武家社会において、家臣に一定の土地の支配権を与える制度。主従関係の基礎。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知行制の関連キーワード戦国時代(日本)江戸時代(年表)封建制[西洋]シャクシャイン蔵米知行制地方知行制守護領国制松前公広中川久清藩政改革封建社会幕藩体制前田利常大内政弘ハウカセ松前章広前田綱紀久留米藩オニビシ場所請負

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android