コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会制度 しゃかいせいどsocial institution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会制度
しゃかいせいど
social institution

広義には,人間がさまざまな個人的欲求,必要を充足させるために組織する社会機構およびそこから生じる社会的規範の全体をいう。支配,従属,協同,分業などの社会形式をはじめとして,宗教,道徳,法律,言語,芸術などの文化内容や,これらに関連する人間や事物の一切をも含めて考えられる。より狭義には,確立された社会規範である規則,法律をいう。社会制度は,各集団のもつ,それぞれの関心に相応して形成される。たとえば,家族における結婚の形式や生活様式や相続の形式,あるいはまた,教会における信仰個条や礼拝形式,国家における政治形態や法律や統治形式などがその例である。こうした社会制度は,一般にはすべて慣習を基礎として形成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐せいど〔シヤクワイ‐〕【社会制度】

社会組織のうちで、特に法や慣習によって確立したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃかいせいど【社会制度】

その社会を形成し維持しているしくみ。また、その社会で支持される行為様式が法・習慣として定型化されたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の社会制度の言及

【制度】より

…(1)規範が社会の成員の多数によって受けいれられ,(2)規範への同調に対して褒賞が与えられ,違反に対して罰が加えられるという正負の制裁によって規範が保証され,そして(3)成員の多数がその規範を内面化して自主的に遵守するほど,規範は制度化されている。 以上の意味での制度に対して,その制度を正当化する価値体系を加え,さらにその制度の規整の下で活動する社会集団を加えた複合物の全体を〈社会制度〉という。つまり,価値体系,制度,社会集団の複合物を社会制度というのである。…

※「社会制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

社会制度の関連キーワードボリス ウラジーミルツォフポリティカルコレクトネスソーシャルデザインウラジーミルツォフアンシャンレジームモンテスキュー天朝田畝制度性別役割分業バラモン教政治経済学経済同友会ボゴミル派1国2制度社会人類学大勢三転考ドラッカー純粋経済学私有財産制宗教社会学年齢階梯制

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会制度の関連情報