知覧傘提灯(読み)ちらんがさちょうちん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

知覧傘提灯[提灯・和傘]
ちらんがさちょうちん

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
南九州市知覧地区で製作されている。薩摩藩の下級武士の内職として始められた。竹の一節を32等分して骨をつくり、和紙を張り合わせる。畳むともとの竹筒に戻る。閉じると武器、半開きで傘、全開すると提灯という一本で3つの働きをするところから、昔は三徳傘とも呼ばれた。鹿児島県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android