コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知識集約産業 ちしきしゅうやくさんぎょうknowledge-intensive industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知識集約産業
ちしきしゅうやくさんぎょう
knowledge-intensive industry

知識,知的労働の集約度の高い産業。労働集約産業,資本集約産業に対して用いる。商品の付加価値を分析して資源,資本,労働,知識に区分した場合,知識の占める比重の高い商品を生産する産業である。経済産業省産業構造審議会では知識集約産業として次の4グループを例示している。 (1) 研究開発集約産業 (電子計算機航空機,電気自動車,産業用ロボット,原子力関連,集積回路ファイン・ケミカル,新規合成化学,新金属,特殊陶磁器,海洋開発など) ,(2) 高度組立産業 (通信機械,事務機械,数値制御工作機械,公害防止機器,家庭用大型冷暖房器具,教育機器,工業生産住宅,自動倉庫,大型建設機械,高級プラントなど) ,(3) ファッション型産業 (高級衣類,高級家具,住宅用調度品,電気音響器具,電子楽器など) ,(4) 知識産業 (情報サービス,教育サービス,医療など) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知識集約産業の関連キーワードファッション産業営業秘密侵害罪システム産業4次産業

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android