コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短壁式採炭法 たんぺきしきさいたんほうshort-wall (mining) system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短壁式採炭法
たんぺきしきさいたんほう
short-wall (mining) system

採炭区画を坑道によって幅狭く区切り,短い炭壁面をつくって切羽とし,それを採掘していく採炭法。日本では炭壁面長 20m以下の場合をいう。主として急傾斜の炭層の採掘に利用されているが,日本ではあまり重要な方法ではなく,採炭法別の出炭量比からいって数%にすぎないが,アメリカなどでは広く採用され,能率を上げている。長壁式採炭法に対する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android