コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長壁式採炭法 ちょうへきしきさいたんほうlong-wall (mining) system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長壁式採炭法
ちょうへきしきさいたんほう
long-wall (mining) system

採炭区画を幅広くとり,ときに 200m以上にも達する長い炭壁面を切羽として,それを一様に採掘していく方法。切羽面の進行方向によって片盤向き (これに前進式と後退式がある) ,昇り向き,卸し向きなどに,また採掘跡の処理方法により全充填,部分充填,無充填 (総ばらし) などに分類されるが,現在では鉄柱やカッペ (→カッペ採炭 ) が用いられるようになり,採掘跡の肩深 (上下端) にわずかに帯状充填を施すだけで他は無充填とし天盤 (天井) を崩落 (総ばらし) させる片盤向き総ばらしの長壁式採炭が最も普通である。日本の場合ほとんどはこの方法によっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の長壁式採炭法の言及

【採炭】より

…しかし,炭層の厚さや傾斜,断層などのじょう乱の程度,〈はさみ〉(中硬(なかぼた)などともいわれる炭層中の岩石の薄層)や炭質の変化,地圧の大きさや上下岩盤の強度,ガス湧出の有無や自然発火のしやすさなど,いろいろな要因がからみ合うので,どのような採掘法を適用すべきかについては,十分な検討が必要であり,改善も行われなくてはならない。 採炭法は長壁式採炭法と炭柱式採炭法に大別できる。長壁式採炭法には,炭層の性状によってさらに,急傾斜層の長壁式採炭法,厚層および累層(炭層が数枚,わずかの間隔をおいて重なって存在すること)採炭法,薄層採炭法などの変形があるが,ヨーロッパの諸国で発達し,日本でもその出炭の大部分を占める方式である。…

【石炭鉱業】より

…またこの時期には徹底した炭鉱合理化が推進された。技術的な合理化では,石炭の採掘面を20m以上に長く設定する長壁式採炭法が普及し,コールピック,コールカッター,オーガー,コンベヤなどの採炭用機械が導入され,発破採炭も普及し,採炭機械化の端緒になった。それにともない坑内外施設の再編も進み,とくに石炭品質の向上のために選炭設備が拡充され,水洗機が普及した。…

【炭鉱】より

…採炭切羽は炭層中に作られる。採炭法はいろいろあるが,日本では長壁式採炭法が普通である。これは炭層中を100~150m掘進して入・排気坑道につなぎ,その長い壁を毎日掘り進めて出炭する方法であるが,緩・中傾斜の場合はこの壁を炭層傾斜なりに作り,走向方向に掘り進めるのが普通である。…

※「長壁式採炭法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長壁式採炭法の関連キーワードダブルチェーンコンベヤ総ばらし採炭短壁式採炭法下向き通気石炭産業水圧鉄柱坑内掘り

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android