コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矯風会 キョウフウカイ

デジタル大辞泉の解説

きょうふう‐かい〔ケウフウクワイ〕【矯風会】

1870年代に米国で禁酒運動をもとに設立されたキリスト教の婦人団体。日本では矢島楫子(やじまかじこ)らが明治19年(1886)に組織。明治26年(1893)に、日本基督教婦人矯風会に発展。世界の平和、性の尊厳と人権の保護、未成年者の禁煙禁酒を活動目標とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうふうかい【矯風会】

女性による禁酒運動を契機に創設されたキリスト教の女性団体。アメリカに始まり1883年世界的組織が結成。日本では矢島楫子らにより86年(明治19)東京で組織化、93年日本キリスト教婦人矯風会が設立。未成年の禁煙・禁酒法と売春防止法の法制化に貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

矯風会の関連キーワード日本キリスト教婦人矯風会ガントレット 恒ガントレット恒久布白 落実ささき ふさ志波 六郎助佐々城 豊寿潮田 千勢子福田 忠太郎小笠原 嘉子矢島 楫子福田忠太郎久布白落実潮田千勢子沢野 くに横川 豊野売春防止法豊増 一女小笠原嘉子松村 里子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矯風会の関連情報