コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石上皆応 いしがみ かいおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石上皆応 いしがみ-かいおう

1856*-1958 明治-昭和時代の僧。
安政2年12月18日生まれ。浄土宗。明治6年東京増上寺にはいり,佐藤説門から法をつぐ。9年北海道にわたり,小樽を中心におおくの寺院をたてた。昭和33年8月3日死去。102歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は橋部。字(あざな)は如水。号は迎蓮社声誉現阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石上皆応の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android