コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石丸重美 いしまる しげみ

美術人名辞典の解説

石丸重美

工学博士。大分県生。号は冠峰。東大卒。帝国鉄道庁技師として欧米に派遣される。大正6年(1917)東京鋼材株式会社取締役社長に就任。鉄道会議員・拓殖経済調査委員等を歴任し、貴族院議員に任じられた。大正12年(1923)歿、58才。瑞宝章受章。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石丸重美 いしまる-しげみ

1864-1923 明治-大正時代の官僚。
文久4年1月15日生まれ。逓信省鉄道技師,鉄道院技監,同副総裁,鉄道次官などをつとめる。退官後の大正6年東京鋼材社長。11年貴族院議員。大正12年10月18日死去。60歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石丸重美の関連キーワード大正時代官僚