石塩(読み)せきえん

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐えん【石塩】

〘名〙 「がんえん(岩塩)」の異称
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳「石塩九斤三両」
※輿地誌略(1826)二「雅斯必斯(ヤスピス)諸色宝石、石塩を出し、温泉礦泉多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android