コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山温泉 いしやまおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石山温泉
いしやまおんせん

滋賀県大津市南部の瀬田川沿いに湧く温泉。 1963年の発見で,石山寺の門前に並ぶ旅館が引き湯している。泉質は放射能泉。泉温は 16~19℃。近江観光の拠点となる温泉だけに,旅館はいずれも設備が整っており,瀬田しじみや湖魚を使った料理を売物にしている。温泉の楽しみも多く,大宮人が始めたという船遊び網船も魅力の一つ。船から網を放って,とれたばかりの湖魚をその場でてんぷらや鍋料理で味わう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石山温泉の関連キーワード男鹿温泉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android