コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石崎融済 いしざき ゆうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎融済 いしざき-ゆうせい

1810-1862 江戸時代後期の画家。
文化7年生まれ。石崎融思の子。長崎の人。植物画,人物画などにすぐれ,嘉永(かえい)3年(1850)刊行の野田青葭(せいか)著の本草学書「拾品(じっぴん)考」の絵をかく。文久2年閏(うるう)8月2日死去。53歳。字(あざな)は世美。号は玉浦,手峯。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石崎融済の関連キーワードクライスト片岡市蔵(初代)サイゴン条約黒住教ケレタロブラウンペルス=ライケン神谷源内ウェルナー(Zacharias Werner)植村文楽軒

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone