コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川七財 いしかわ しちざい

2件 の用語解説(石川七財の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川七財 いしかわ-しちざい

1828-1882 明治時代の実業家。
文政11年4月8日生まれ。もと土佐高知藩士。明治3年岩崎弥太郎監督下の大坂商会の内偵におもむき,その人柄に魅せられ,同会の後身九十九(つくも)商会にはいる。名を七左衛門から七財とあらため,川田小一郎とともに三菱会社の創業につくす。8年管事となり,汽船事業を統括した。明治15年7月30日死去。55歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川七財

没年:明治15.7.30(1882)
生年:文政11.4.8(1828.5.21)
明治期の実業家。幼名は七左衛門,号は花渓。土佐(高知)藩の足軽の子。藩の下横目(目付)となり,岩崎弥太郎の内偵を命じられたが,かえって岩崎の人柄に惚れて部下になり,三菱商会の大阪支店長に就任。明治10(1877)年に西南戦争が起こると,梅田駅積荷監督として九州への軍需輸送に成果をあげ,以後は管事として三菱の中枢を担った。岩崎が「草莱を墾開するの力はわれ石川に許し,播種殖穀の功はわれ川田(小一郎)に許す」と評したのは有名である。三菱の「創業の功臣」と称されたが,コレラにかかって急死した。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』上

(三島康雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川七財の関連キーワード広島花渓楼伊藤小左衛門(6代)井上信重右近権左衛門(11代)黒木七左衛門小泉七左衛門斎藤善右衛門下川丹斎辰馬吉左衛門曲田成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone