コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱会社 みつびしかいしゃ

2件 の用語解説(三菱会社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三菱会社【みつびしかいしゃ】

1870年岩崎弥太郎が創業した九十九(つくも)商会に発し,三菱財閥の基礎となった会社。高知藩の藩船,政府払下船などにより運漕業を営み,台湾出兵西南戦争を経て海運の独占を確立。
→関連項目岩崎弥之助

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三菱会社
みつびしかいしゃ

三菱財閥の母体、日本郵船の前身。正しくは郵便汽船三菱会社。1871年(明治4)廃藩置県の際、土佐藩営九十九(つくも)商会を岩崎弥太郎(やたろう)が払下げを受けて創始。1873年、弥太郎個人会社の三菱商会となり、75年海運事業を分離して郵便汽船三菱会社と改称、政府の政策的保護下で、国内航路網を整備した。佐賀の乱、台湾出兵、西南戦争で軍事輸送に従事、1875年には横浜―上海(シャンハイ)航路を開設しP&O(ピーアンドオー)汽船会社との競争に勝つなど、特権で海運企業として成長した。極度の独占への批判と明治十四年の政変(1881)の影響から同年に共同運輸会社が設立され、激烈な競争のすえ85年2社は合併し日本郵船設立に至る。海運部門を切り離した三菱会社は三菱社と改称、鉱山・造船業の経営にあたった。[田付茉莉子]
『三島康雄編『三菱財閥』(1981・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三菱会社の言及

【岩崎弥太郎】より

…70年同会が藩営を離れた(名称も九十九(つくも)商会に変更)後,71年に彼の私的企業にかえて海運業(三川(みつかわ)商会)を拡大,政府の海運保護と台湾征討・西南戦争による蓄積で内外の競争会社を撃破,海運王となった。社名は73年三菱商会,75年三菱汽船会社,郵便汽船三菱会社(略称三菱会社)。投資先を炭山や銅山,造船や荷為替,保険,貿易,鉄道,土地などに広げ,社長独裁により三菱会社の基礎を固めた。…

【共同運輸会社】より

…1882年7月認可,83年1月開業した半官半民の海運会社。維新政府の海運振興策によって,1875年以来,船舶の払下げや助成金の交付など,特別の保護・助成を受けてきた三菱会社は,70年代末からしだいに海運に独占的地位を強め,運航助成金の流用,運賃値上げ,サービスの低下などの弊害が目立ち始めた。管船業務を担当していた農商務省は,こうした状態を是正し海運業のいっそうの発展をはかるため,共同運輸会社の設立を企図,農商務大輔品川弥二郎の援助のもと,渋沢栄一,益田孝,小室信夫らが発起人となって,東京風帆船会社(三井系),越中風帆船会社,北海道運輸会社を合併して設立した(政府は資本金600万円のうち260万円を出資)。…

【三菱財閥】より

…政治的に大久保利通,大隈重信,後藤象二郎,松方正義らと親しく,改進党,憲政会,民政党と密接であった。
【三菱会社の発足】
 1870年(明治3),岩崎弥太郎は,大阪にあった土佐藩の大阪商会の事業を継ぎ,土佐藩の汽船3隻を譲り受け,九十九(つくも)商会の名で海運業を始めた。72年三川(みつかわ)商会,73年に三菱商会と改称し,岩崎の個人会社となった。…

※「三菱会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三菱会社の関連キーワード岩崎小弥太九十九島九十九湾三菱財閥六義園九十九九十九髪岩崎グループ岩崎喜勢子岩崎久弥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三菱会社の関連情報