コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川晴彦 いしかわ はるひこ

美術人名辞典の解説

石川晴彦

日本画家。京都生。名は利治。京美工中退。村上華岳入江波光に師事する。国画創作協会展に出品、また新樹社に創立会員として参加。同会解散ののちは華岳の影響を強く受けた仏画水墨による山水画を個展を中心に発表する。昭和55年(1980)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川晴彦 いしかわ-はるひこ

1901-1980 大正-昭和時代の日本画家。
明治34年5月1日生まれ。入江波光(はこう),村上華岳に師事。はじめ国画創作協会展,新樹社展に「老父」「小女」などを発表。のち仏画をおもにえがき,昭和32年奈良県生駒郡宝山寺の多宝塔壁画を制作。昭和55年4月11日死去。78歳。京都出身。京都市立美術工芸学校中退。本名は利治(としはる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川晴彦の関連キーワード昭和時代上田真吾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android