入江波光(読み)いりえ はこう

  • 1887―1948
  • いりえはこう
  • いりえはこう〔ハクワウ〕
  • 入江波光 いりえ-はこう

美術人名辞典の解説

日本画家。京都生。名は幾治郎。京美工・京都絵専卒業後、国画創作協会に所属し、同人となる。京都絵専では菊池契月助手となり、ともに欧州を巡遊、国画創作協会解散後は京都絵専教授となり、古画模写後進の指導に努めた。晩年は静寂で洗練された水墨画に多くの佳作を生み出す。昭和23年(1948)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1887~1948]日本画家。京都の生まれ。本名、幾治郎。初め国画創作協会に加わり、同会解散後は制作とともに古画の模写・研究に努め、法隆寺金堂壁画の模写に従事。洗練された静澄な画風で、仏画・水墨画を多く描いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本画家。京都市生れ。本名幾治郎。1905年京都市立美術工芸学校卒後,京都市立絵画専門学校卒業。村上華岳榊原紫峰らと同級。1919年国画創作協会同人となる。1922年―1923年外遊。1928年国画創作協会解散後,仏画古典の研究を続け,1940年以降法隆寺金堂壁画の模写に従事した。また長い間京都市立絵画専門学校で教鞭をとった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1887-1948 大正-昭和時代の日本画家。
明治20年9月26日生まれ。大正7年母校京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)助教授。同年第1回国画創作協会展に「降魔(ごうま)」を出品し,国画賞。昭和3年の協会日本画部解散後は画壇をはなれ,教育と古画の模写につとめる。晩年は法隆寺金堂壁画の模写に専念した。昭和23年6月9日死去。62歳。京都出身。本名は幾治郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本画家。本名幾治郎。京都に生まれる。京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校を卒業。1918年(大正7)母校絵画専門学校の助教授に就任。この年国画創作協会展に『降魔』を出品して国画賞を受賞、翌年同人に推された。22年に外遊。28年(昭和3)国画創作協会日本画部解散後は画壇を離れ、後進の育成と制作に打ち込んだ。晩年は盛んに古画を模写し、41年から法隆寺金堂壁画の模写に従事した。代表作は『彼岸』『不動』など。

[原田 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入江波光の関連情報