コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江波光 いりえ はこう

美術人名辞典の解説

入江波光

日本画家。京都生。名は幾治郎。京美工・京都絵専卒業後、国画創作協会に所属し、同人となる。京都絵専では菊池契月の助手となり、ともに欧州を巡遊国画創作協会解散後は京都絵専教授となり、古画模写と後進の指導に努めた。晩年は静寂で洗練された水墨画に多くの佳作を生み出す。昭和23年(1948)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いりえ‐はこう〔‐ハクワウ〕【入江波光】

[1887~1948]日本画家。京都の生まれ。本名、幾治郎。初め国画創作協会に加わり、同会解散後は制作とともに古画の模写・研究に努め、法隆寺金堂壁画の模写に従事。洗練された静澄な画風で、仏画・水墨画を多く描いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

入江波光【いりえはこう】

日本画家。京都市生れ。本名幾治郎。1905年京都市立美術工芸学校卒後,京都市立絵画専門学校卒業。村上華岳榊原紫峰らと同級。1919年国画創作協会同人となる。1922年―1923年外遊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江波光 いりえ-はこう

1887-1948 大正-昭和時代の日本画家。
明治20年9月26日生まれ。大正7年母校京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)助教授。同年第1回国画創作協会展に「降魔(ごうま)」を出品し,国画賞。昭和3年の協会日本画部解散後は画壇をはなれ,教育と古画の模写につとめる。晩年は法隆寺金堂壁画の模写に専念した。昭和23年6月9日死去。62歳。京都出身。本名は幾治郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いりえはこう【入江波光】

1887~1948) 日本画家。京都生まれ。本名、幾治郎。代表作「降魔」「彼岸」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入江波光
いりえはこう
(1887―1948)

日本画家。本名幾治郎。京都に生まれる。京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校を卒業。1918年(大正7)母校絵画専門学校の助教授に就任。この年国画創作協会展に『降魔』を出品して国画賞を受賞、翌年同人に推された。22年に外遊。28年(昭和3)国画創作協会日本画部解散後は画壇を離れ、後進の育成と制作に打ち込んだ。晩年は盛んに古画を模写し、41年から法隆寺金堂壁画の模写に従事した。代表作は『彼岸』『不動』など。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

入江波光の関連キーワード杉田 勇次郎杉田勇次郎日高 昌克石川 晴彦入江酉一郎田中佐一郎昭和時代多田敬一石川晴彦平井楳仙林 司馬林司馬原田入江

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入江波光の関連情報