コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上華岳 むらかみ かがく

美術人名辞典の解説

村上華岳

日本画家。大阪生。本名は武田震一。京都絵専卒。文展に入選をかさね、大正5年には特選となるが、やがて文展の理想主義に対する不満から、大正7年自ら土田麦僊小野竹喬榊原紫峰らと国画創作協会を結成する。のち健康を害し、芦屋・神戸に居を移して、画壇から離れた作画生活を送り、仏教や六甲の山を題材に宗教的・瞑想的な雰囲気を湛えた精神性の高い絵画世界を形象した。昭和14年(1939)歿、51才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

村上華岳【むらかみかがく】

日本画家。大阪生れ。本名震一。京都市立絵画専門学校卒業後文展に出品,1918年土田麦僊榊原紫峰らと国画創作協会を興して活躍。《日高河清姫図》《裸婦》など文学的,宗教的な要素を織り込んだ近代的画風の作が多い。
→関連項目入江波光

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上華岳 むらかみ-かがく

1888-1939 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治21年7月3日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)に師事。大正5年「阿弥陀(あみだ)」が文展特選,7年国画創作協会の結成に参加。12年喘息(ぜんそく)のため京都から芦屋に転居し,画壇をはなれた。代表作に「日高河清姫図」。昭和14年11月11日死去。52歳。大阪出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。旧姓は武田。本名は震一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらかみかがく【村上華岳】

1888‐1939(明治21‐昭和14)
日本画家。本名震一。医家であった父武田誠三と母たつの長男として大阪市に生まれる。のちに村上家の養子となり,京都市立美術工芸学校を経て京都市立絵画専門学校に進む。卒業制作《二月の頃》は1911年の第5回文展で褒状をうけた。この作品は京都東山の自然を素直に写しながら,〈近代的憂愁〉とでもいうべきものをふくみ,その表現にはすでに天才的萌芽が見られる。その後竹内栖鳳に師事。13年第7回文展には浮世絵に傾倒して花見風俗を描いた《夜桜》を出品するが落選,第10回文展では《阿弥陀三尊》で特選を得,第11回文展は落選と,文展における評価の極端な転変に懐疑を抱き,ついに18年同窓の土田麦僊,榊原紫峯,小野竹喬らと文展を離脱して国画創作協会(国展)を創立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上華岳
むらかみかがく

[生]1888.7.3. 大阪
[没]1939.11.11. 神戸
日本画家。本名は武田震一,1904年神戸の村上家に入籍。京都市立美術工芸学校,京都市立絵画専門学校を卒業。早くから文展や新古美術品展に出品して注目を集め,16年第 10回文展で『阿弥陀』 (京都市美術館) が特選。 18年土田麦僊,小野竹喬らと文展を離脱して国画創作協会を結成,微妙な色彩が静かに冴える神秘的な画風を展開し,新日本画運動の推進に貢献。 29年同協会解散後は神戸に隠棲して展覧会への出品を絶ち,もっぱら宗教的瞑想を凝らした幻想的な山や仏陀の作品を描く。画面は色,形,線において単純化され峻厳な作風を示した。主要作品『日高河清姫図』 (1919,東京国立近代美術館) ,『夏の山』 (31) ,『樹下禅観』 (32) ,『秋の山』 (39) ,『牡丹』 (39,絶筆) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村上華岳
むらかみかがく
(1888―1939)

日本画家。本名震一。大阪市生まれ。京都市立美術工芸学校専攻科を経て京都私立絵画専門学校を1909年(明治42)に卒業、竹内栖鳳(せいほう)に師事。同期に榊原紫峰(さかきばらしほう)、入江波光(はこう)、土田麦僊(ばくせん)、小野竹喬(ちくきょう)らがいる。卒業制作『二月の頃(ころ)』は第5回文展で褒状を受けた。16年(大正5)の第10回文展で『阿弥陀之図(あみだのず)』が特選。18年に麦僊、竹喬らと個性的な表現を標榜(ひょうぼう)して国画創作協会を結成、画界に新風を送った。代表作の一つ『日高河清姫図(ひだかがわきよひめず)』(東京国立近代美術館)はその第2回展への出品作である。しかし21年ごろから喘息(ぜんそく)が始まり、画壇から離れて引きこもり、孤独のうちに制作に没頭した。20年の『裸婦』(東京・山種(やまたね)美術館)では官能性と宗教性の融和が図られているが、以後仏画や山水画が多く制作され、思惟(しい)性の強い独自の画境へ進んでいった。ほかに『夜桜之図』『秋柳図』『太子樹下禅那図(たいしじゅかぜんなず)』『観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)立尊像』などが代表作。また著書に『画論』(1941)がある。神戸に没。[原田 実]
『『村上華岳画集』(1984・日本経済新聞社) ▽村上華岳著『反古集』『画論 新装版』(1968、77・中央公論美術出版) ▽河北倫明著『村上華岳』(1969・中央公論美術出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

村上華岳の関連キーワード何必館・京都現代美術館森谷 南人子中井 宗太郎甲斐庄 楠音石川 晴彦土田 麦僊石川晴彦上田真吾池上雪枝国画会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村上華岳の関連情報