コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川玄常 いしかわ げんじょう

2件 の用語解説(石川玄常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川玄常 いしかわ-げんじょう

1744-1815 江戸時代中期-後期の蘭方医。
延享元年2月28日生まれ。京都でオランダ医学をまなび,江戸で前野良沢,杉田玄白らの「解体新書」翻訳に参加。のち一橋家の侍医にまねかれた。文化12年1月28日死去。72歳。江戸出身。名は世通。字(あざな)は別に子深。号は愚岡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川玄常

没年:文化12.1.28(1815.3.8)
生年:延享1.2.28(1744.4.10)
江戸後期の蘭方医。諱は世通,字は子深または玄常,愚岡と号す。江戸の生まれ。14歳のとき官医熊谷無術に医学を学び,28歳のとき京都へ遊学して名医と交わる。杉田玄白,前野良沢 らが西洋医学を興したことを聞いて江戸に帰り,クルムスの解剖書訳述事業の終末期,つまり『解体新書』校合のころから参加した。訳述の同志に当初より加わってはいないようだが,自ら所持している『ミスケル解剖書』などの洋書を参考に供して,所見を述べ,その事業に貢献した点は見逃せない。天明8(1788)年,一橋侯の侍医に召された。墓は江戸深川の霊巌寺。大田錦城選文の墓誌がある。

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川玄常の関連キーワード久世通根畑中西山大谷正義久世通理木下月洲岸田青城斎藤方策杉田恭卿宮本元甫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone