コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本=飯田の式 いしもといいだのしき

百科事典マイペディアの解説

石本=飯田の式【いしもといいだのしき】

1939年石本巳四雄と飯田汲事が発見した地震の数とその大きさに関する法則。Aを記録紙上の地震動の最大振幅,Nを振幅Aなる地震の数とするとN(A)=kA(-/)(m/)(kとmとは定数)。
→関連項目石本巳四雄微小地震

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

石本=飯田の式の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android