コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本=飯田の式 いしもといいだのしき

百科事典マイペディアの解説

石本=飯田の式【いしもといいだのしき】

1939年石本巳四雄と飯田汲事が発見した地震の数とその大きさに関する法則。Aを記録紙上の地震動の最大振幅,Nを振幅Aなる地震の数とするとN(A)=kA(-/)(m/)(kとmとは定数)。
→関連項目石本巳四雄微小地震

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

石本=飯田の式の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40ムンクホロコースト電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone