コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本巳四雄 いしもとみしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石本巳四雄
いしもとみしお

[生]1893.9.17. 東京
[没]1940.2.4.
地震学者。東京大学物理学科卒業 (1917) ,地震研究所に入り,地震研究所所長 (33~39) 。地震の原因に関するマグマ貫入説の考察,地震波のP波初動分布に関する押し円錐型の提唱,シリカ傾斜計の発明などの研究がある。 1933年「地動計測に関する研究」で帝国学士院賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

石本巳四雄【いしもとみしお】

地震学者。東京生れ。東大実験物理学科卒。一時三菱造船に勤務,1925年地震研究所創立とともに所員となり,1928年東大教授,1933年地震研究所所長。シリカ傾斜計・加速度地震計を考案,地盤の固有振動発震機構を研究,地震の原因についてのマグマ貫入説を提唱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本巳四雄 いしもと-みしお

1893-1940 大正-昭和時代前期の地震学者。
明治26年9月17日生まれ。昭和3年母校東京帝大の教授となり,8年同大地震研究所所長。土地の傾斜をはかるシリカ傾斜計や加速度地震計などを考案し,地震の原因としてマグマ貫入説をとなえた。8年学士院賞。昭和15年2月4日死去。48歳。東京出身。著作に「科学への道」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石本巳四雄
いしもとみしお
(1893―1940)

地震学者。東京生まれ。東京帝国大学実験物理学科を卒業。三菱(みつびし)造船へ勤務したが、1925年(大正14)地震研究所が創設されるとともに東京帝国大学助教授になる。1933年(昭和8)地震研究所所長。土地のわずかな傾斜を連続的に測定するシリカ傾斜計を考案し(1929)、また加速度地震計を開発するなどの研究活動による「地動計測に関する研究」で学士院賞を受けた(1933)。1929年には地震の原因としてマグマ貫入説を発表し、そのころヨーロッパやアメリカで広く認められていたアメリカの地震学者レイドHarry Fielding Reid(1859―1944)の弾性反発説を批判した。独自の卓抜な着想に満ちた研究が多く、地震研究所を中心にした昭和初期の日本の地震研究に寄与し、大きな影響を与えた。地震学史、科学論の研究にも関心をもち、『科学への道』『学人学語』などの著書もある。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石本巳四雄の関連キーワード石本=飯田の式

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android