石橋智信(読み)いしばし とものぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋智信 いしばし-とものぶ

1886-1947 大正-昭和時代の宗教学者。
明治19年5月15日生まれ。内村鑑三,植村正久に教えをうける。明治42年ドイツに留学し,旧約学などをまなぶ。大正3年母校東京帝大の講師,昭和9年教授となる。「メシア思想を中心としたるイスラエル宗教文化史」により大正15年学士院賞。昭和22年12月21日死去。62歳。北海道出身。著作に「宗教学概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android