石沢秀二(読み)いしざわ しゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石沢秀二 いしざわ-しゅうじ

1930- 昭和後期-平成時代の演出家,演劇評論家。
昭和5年4月10日生まれ。早大大学院で演劇を専攻後,田中千禾夫(ちかお)に師事。昭和34年から「新劇」の編集長をつとめ,朝日新聞などで劇評を担当。43年劇団青年座にはいり,「禿の女歌手」「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」「三文オペラ」などを演出。桐朋学園短大教授。妻は劇作家岸田国士(くにお)戯曲賞受賞者の石沢富子。東京出身。都立大(現首都大学東京)卒。本名は秀男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android