コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石渠宝笈 せっきょほうきゅうShi-qu-bao-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石渠宝笈
せっきょほうきゅう
Shi-qu-bao-ji

中国,清の宮廷所蔵の書画著録。乾隆帝勅撰 (張照ら奉勅) で 44巻。乾隆9 (1744) 年完成。書画所蔵の殿閣により分類され,『千字文』の順序で示す。款識 (かんし) ,題跋 (だいばつ) も記載し,清初の旺盛な出版事業の一環として清朝考証学の成果をふまえ,中国の書画収蔵目録のなかでは最も完備している。収載作品の多くは台北の故宮博物院に伝わるが散逸の名品も多い。中国書画研究上必須の書。乾隆 56 (91) 年に続編,嘉慶 20 (1815) 年に3編が完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石渠宝笈の関連キーワード董邦達

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android