コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

款識 カンシ

大辞林 第三版の解説

かんし【款識】

鐘・鼎かなえなどに鋳出し、または刻み込んだ文字。凹字(陰文)を款、凸字(陽文)を識という。かんしき。

かんしき【款識】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の款識の言及

【金石文】より

…彝器とは祖先の霊をまつったり賓客を饗応するときに使用する礼楽器のことで,食器(鼎,敦(たい)など),酒器(爵,尊など),水器(盤など),楽器(鐘(しよう)など)に大別される。このうち楽器の鐘と食器の鼎で彝器を代表させて鐘鼎彝器といい,金文のことを鐘鼎文とか款識(かんし)ともいう。 殷代の金文は,氏族記号と解される図象文字や十干を付した父祖の名を記すものが多く,全体に字数は少ない。…

※「款識」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

款識の関連キーワード森川竹窓石渠宝笈流れ圜悟畑鉄鶏かなえ銘文陽文

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android