コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭酸中毒 せきたんさんちゅうどくphenol poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石炭酸中毒
せきたんさんちゅうどく
phenol poisoning

石炭酸 (フェノール) は消毒薬として用いられるので,皮膚から吸収されるほか,自殺の目的で飲み込んで,中毒を起すことがある。2~3%の溶液が皮膚の深部に侵入すると,フェノール壊疽を生じる。誤飲すると,口内,食道,胃に白色の痂皮を形成する。さらに深く吸収されると,呼吸麻痺,昏睡,めまい,耳鳴りが起り,腎臓も侵される。さらに,虚脱状態に陥って 10~60分で死亡する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

石炭酸中毒の関連キーワード石炭酸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android