コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痂皮 かひcrusta; crust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痂皮
かひ
crusta; crust

俗にかさぶたという。滲出液膿汁,変性壊死化した表皮の角質,不全角化物などが皮膚表面で凝固したもので,びらん面をおおっている。湿疹,伝染性膿痂疹 (とびひ) などでみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐ひ【×痂皮】

かさぶた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

痂皮

 いわゆる「かさぶた」.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かひ【痂皮】

かさぶた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の痂皮の言及

【発疹】より

…解剖学的には表皮の角質層。(7)痂皮crust 鱗屑に滲出液が混じりあった黄色調のいわゆる〈かさぶた〉。(8)胼胝(べんち)callus角 質層が限局性に厚くなったもの。…

※「痂皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

痂皮の関連キーワード線状IgA水疱症/疱疹状皮膚炎伝染性膿痂疹(とびひ)腐食性アルカリ中毒ドレッシング材鼻くそ(鼻糞)脂漏性皮膚炎水虫/タムシつつがむし病石炭酸中毒外耳道湿疹接触皮膚炎皮膚外用薬貨幣状湿疹ボーエン病生活反応鼻咽腔炎楢林宗建湿潤療法股部白癬帯状疱疹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android