コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭鉱業審議会 せきたんこうぎょうしんぎかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石炭鉱業審議会
せきたんこうぎょうしんぎかい

炭鉱業合理化臨時措置法の制定に伴って 1955年9月に発足した,石炭政策立案のための政府諮問機関石炭鉱業調査団がその前身。委員は 45名以内の学識経験者や石炭関係者で構成される。エネルギー革命の進展に対処し,石炭産業の再建について政府の抜本策を答申する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石炭鉱業審議会の関連キーワード石炭鉱業合理化臨時措置法第9次石炭政策佐山 総平福永 年久向坂 正男

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android