コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭鉱業審議会 せきたんこうぎょうしんぎかい

1件 の用語解説(石炭鉱業審議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石炭鉱業審議会
せきたんこうぎょうしんぎかい

石炭鉱業合理化臨時措置法の制定に伴って 1955年9月に発足した,石炭政策立案のための政府の諮問機関石炭鉱業調査団がその前身。委員は 45名以内の学識経験者や石炭関係者で構成される。エネルギー革命の進展に対処し,石炭産業の再建について政府の抜本策を答申する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石炭鉱業審議会の関連キーワード繊維工業構造改善臨時措置法機械類賦払信用保険臨時措置法産炭地域振興臨時措置法石炭鉱業合理化事業団石炭鉱業合理化臨時措置法繊維工業設備等臨時措置法繊維工業設備臨時措置法炭鉱離職者臨時措置法特定不況産業安定臨時措置法硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone