コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石燕 セキエン

大辞林 第三版の解説

いしつばめ【石燕】

せきえん【石燕】

腕足類の化石。石灰質の殻が翼を広げたツバメに似た形状で、表面に放射状のひだがあり、内部に螺旋らせん状の腕骨がある。古生代のシルル紀から二畳紀にかけて世界各地に生息した。示準化石とされる。中国では、その粉末を漢方薬として古くから用いた。いしつばめ。スピリファー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石燕の言及

【スピリファー】より

…名称は背殻肉部にある腕骨がばねのような形をしていることから,ラテン語のspira(らせん)に由来し,1816年,J.ソワビーによる命名である。ちょうつがい線が長く,横長で,ちょうどツバメが羽を広げた時の形に似ていることから,中国では石燕(せきえん)の名で呼ばれている。腹殻が大きく,その後端にちょうつがい面が発達しており,両殻の表面が放射状の条線によって覆われている。…

【腕足類】より


[人間との関係]
 腕足類は地質学や古生物学の中で,示準化石や示相化石として役に立ったり,その分布の特徴から当時の古生物地理や,地質時代に行われた大陸移動などを推定するための根拠として用いられたりするが,一般生活の中では現生種が少ないこともあって,利用度はきわめて低い。わずかに,中国で古くから,腕足類化石の殻が漢方薬(石燕)として用いられたり,九州有明海産のシャミセンガイがつくだ煮やみそ汁の実などとして食用に供されている例があるのみである。【中村 耕二】【今島 実】。…

※「石燕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石燕の関連キーワード火間虫入道天井下り琵琶牧々岸崖小僧木魚達磨三味長老不落々々シルル紀おとろし塵塚怪王毛羽毛現百々目鬼古庫裏婆猪口暮露瀬戸大将煙々羅油赤子蛇骨婆滝霊王川赤子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android