コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田和外 いしだ かずと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田和外 いしだ-かずと

1903-1979 昭和時代の裁判官。
明治36年5月20日生まれ。昭和2年司法官となり,戦後,東京高裁長官などをへて,44年最高裁長官。保守的と評され,裁判官の思想の自由,裁判の独立をめぐって論議をまねいた。退官後,全日本剣道連盟会長,元号法制化国民会議議長。昭和54年5月9日死去。75歳。福井県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石田和外の関連キーワード昭和時代石田磊

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石田和外の関連情報