石田明(読み)いしだ あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田明 いしだ-あきら

1928-2003 昭和後期-平成時代の社会運動家。
昭和3年5月30日生まれ。広島で被爆。戦後教職につき,広島県教職員組合にはいり,昭和56年委員長。この間の41年原爆詩「瞹光(あいこう)二十年」で日教組文学賞。44年広島県原爆被爆教師の会,48年日本平和教育研究協議会を結成し,平和教育の重要性をうったえた。広島県会議員。平成15年10月27日死去。75歳。広島県出身。法大卒。著作に「被爆教師」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石田明の関連情報