石鍬(読み)いしぐわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥生(やよい)文化期の大形(長さ30センチメートル前後)の鍬形をした石器。西北九州には使用可能な磨製石鍬がわずかではあるが発見されている。中部地方以東、東北地方南部までの、前期後半から中期の弥生文化の台地上集落からは打製の大形の石鍬が発見される。また、これら弥生期の遺物とは関連性はないが、関東、中部地方の丘陵地の縄文中期の遺跡から多量に出土する長さ15センチメートル未満の長方形の打製石器も、用途が土掘り具であることから石鍬とよぶ人もいる。

[江坂輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android