コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石門慈韶 せきもん じしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石門慈韶 せきもん-じしょう

1832-1904 江戸後期-明治時代の僧。
天保(てんぽう)3年2月15日生まれ。京都の臨済宗(りんざいしゅう)建仁(けんにん)寺にはいり,全室慈保のもとで受戒し,了堂慈穏の法をつぐ。慶応2年京都真如寺(しんにょじ)住持,明治19年建仁寺住持となる。明治37年9月20日死去。73歳。京都出身。俗名石川竜長

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石門慈韶の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android