砂層貫流式塩田(読み)さそうかんりゅうしきえんでん

防府市歴史用語集の解説

砂層貫流式塩田

 塩田の地盤を傾かせて、ゆっくりと海水を流し、天日や風力によって水分を蒸発させ、濃いかん水を作るという方法です。古くから考えられ、行われていたのですが、1941年(昭和16年)に防府製塩試験場[ほうふせいえんしけんじょう]で初めて実用化されました。従来の入浜式塩田[いりはましきえんでん]の重労働で多くの労働力を要した採かん作業を省くために考えられたものです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android