コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂層貫流式塩田 さそうかんりゅうしきえんでん

防府市歴史用語集の解説

砂層貫流式塩田

 塩田の地盤を傾かせて、ゆっくりと海水を流し、天日や風力によって水分を蒸発させ、濃いかん水を作るという方法です。古くから考えられ、行われていたのですが、1941年(昭和16年)に防府製塩試験場[ほうふせいえんしけんじょう]で初めて実用化されました。従来の入浜式塩田[いりはましきえんでん]の重労働で多くの労働力を要した採かん作業を省くために考えられたものです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android