コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入浜式塩田 いりはましきえんでん

3件 の用語解説(入浜式塩田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入浜式塩田
いりはましきえんでん

日本に近世初期から行われた製塩施設。遠浅海岸の満潮水位以下の場所に堤防を築き,その内側に砂層地盤の塩田を設けたもの。塩田は溝によって短冊形に仕切られ,潮が満ちてくると堤防に設けられた樋門を通って溝から海水が塩田に浸透する仕組みで,太陽熱で水分が蒸発すると塩田の砂に塩分が付く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

入浜式塩田【いりはましきえんでん】

製塩のため作られた塩田の一種。自然浜塩田,揚浜塩田と区別する。すでに室町時代伊勢地方では入浜式にちかい塩田を利用していた。近世,赤穂藩入浜塩田が創始され,瀬戸内を中心に普及。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

入浜式塩田

 江戸時代から行われた塩づくりの方法です。満潮時の水面よりも標高の低い塩田に水を流した後に塩田を乾かし、塩分をおびた砂を集めます。その後、さらに海水をかけて、かん水とよばれる濃度の濃い塩水をつくり、それを煮詰めて、効率よく塩をつくります。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入浜式塩田の関連情報