砂砂漠(読み)すなさばく(英語表記)sandy desert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂砂漠
すなさばく
sandy desert

砂におおわれた砂漠。一般に砂漠は岩石砂漠が多く,砂砂漠は少い。砂は風上の山岳地帯や干上がった湖の湖底から供給され,バルハンマンハなどの砂丘の形成をみるが,風によって浸食,運搬されて移動する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すなさばく【砂砂漠】

岩石砂漠の周辺に分布する砂礫されきからなる砂漠。砂丘の発達に特色がみられる。例、タクラマカン砂漠。クーム。 → 岩石砂漠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の砂砂漠の言及

【砂漠】より

…堆積地形には砂原と砂丘があり,ともに大規模な地形となることがある。 砂漠は地形・地質的に見て砂砂漠,礫(れき)砂漠,岩石砂漠に区分できる。砂砂漠は起伏の少ない広大ないわば砂の海原で,サハラ砂漠西部で用いられているエルグergの語が一般に使われる。…

※「砂砂漠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android