コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研究学園都市 けんきゅうがくえんとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研究学園都市
けんきゅうがくえんとし

学術研究機関を核とした都市をさし,一般には,その代表である筑波研究学園都市をさす。同都市は,首都圏整備計画の中で 1961年の閣議決定において官庁移転構想としてスタートし,1963年9月研究学園都市筑波地区に建設することが閣議了解を得て,住宅・都市整備公団 (→都市再生機構 ) が土地取得・造成を行なうこととされ,2700haに及ぶ研究学園地区の開発が進められ,1985年の国際科学技術博覧会 (科学万博) で国際的デビューを果たした。一方,関西においても京都・大阪・奈良の3府県にまたがる 3300haの研究拠点を擁する,関西文化学術研究都市の建設が国家プロジェクトとして進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

研究学園都市の関連キーワード高エネルギー物理学研究所中村 喜四郎(1代目)つくばセンタービル地図と測量の科学館神戸市外国語大学豊里(茨城県)リサーチパーク森林総合研究所ノボシビルスク茨城県つくば市つくば科学万博TRISTAN北海商科大学つくば[市]国土地理院つくば万博気象研究所伊奈[町]茎崎[町]東畑 謙三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

研究学園都市の関連情報