コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕石業 さいせきぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砕石業
さいせきぎょう

砕石を生産,販売する事業。原石を採取し,破砕,選別し,貯蔵,運搬するのが事業内容であり,設備として,削岩機コンプレッサクラッシャ,バイブレータ,ベルトコンベヤホッパー,トラック,運搬船などを備える。原石の相違によって適用される法律が異なり,岩石は採石法,廃鉱石は鉱物法,玉石は河川法および砂利採取法の規制を受ける。業者は全国的に存在するが北海道,福岡県,群馬県,神奈川県,愛知県,東京都などに多く,中小企業が圧倒的に多数を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

砕石業の関連キーワード石越[町]筑波山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砕石業の関連情報