硝子質(読み)ガラスしつ

精選版 日本国語大辞典「硝子質」の解説

ガラス‐しつ【硝子質】

〘名〙
① ガラス状態の物質。非結晶で無定形固体。凝固点以下に冷やした時、結晶しないで固体のようになったもので、過冷却液体ともいう。結晶質に対しての称。〔生物学語彙(1884)〕
岩石学で、等方性非結晶質からなる岩石をいう。火成岩のうち火山岩にみられる。黒曜石はその代表例。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android