コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜下膿瘍 こうまくかのうようsubdural empyema

1件 の用語解説(硬膜下膿瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬膜下膿瘍
こうまくかのうよう
subdural empyema

硬膜下腔に膿がたまっている状態をいう。開放性頭部外傷乳様突起骨折,副鼻腔炎などに続発することが多いが,頭蓋内血腫が2次的に化膿して発生することもある。外傷と無関係で,近接部あるいは遠隔部から血行性に膿が送られることもまれにある。発熱,髄膜刺激症状,けいれんなどの脳局所症状を示す。治療には抗生物質を投与し,手術で膿瘍の内容液を除去する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone