コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降伏点 こうふくてんyield point

翻訳|yield point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

降伏点
こうふくてん
yield point

材料を常温で引張る場合,応力が比例限度をこえてある一点に達すると,急に応力がそれより少し低下して,応力はほぼ一定のまま,しばらくの間ひずみだけが増加する場合がある。焼鈍した軟鋼試験片はその代表的な例である。この現象を降伏といい,降伏の始る点の応力 (上降伏点) と降伏が進行し続ける一定応力 (下降伏点) を合せて降伏点という (JISでは上降伏点を降伏点と規定している) 。上降伏点は試験片の形状,引張り速度,試験機の剛性などによって変る。降伏現象は鉄そのものの特性ではなく,固溶されている炭素その他の状態によるとする説が有力である。 (→耐力 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

降伏点【こうふくてん】

物体に加える外力を次第に増したとき,応力弾性限度を越えるある値に達すると,応力がほとんど増加することなくひずみだけが急激に増加する。この限界の応力を降伏点という。金属材料の引張試験における重要な量で,軟鋼では明確に出現。硬鋼鋳鉄では不明確なので,普通0.2%の永久変形を生じるときの応力を降伏点とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうふくてん【降伏点 yield point】

固体に荷重を加えていくとある値で塑性変形が発生する。この現象を降伏yieldingといい,そのときの応力を降伏点と呼ぶ。低中炭素鋼では明りょうな降伏が認められ,塑性変形の開始と同時にいったん応力は多少低下し,その応力で塑性変形が進展する。塑性変形の開始応力を上降伏点,進展する応力を下降伏点という。材料に塑性変形が生ずれば変形が過大になったり,荷重を取り除いても形が元に復元しなくなるなどの不つごうが構造に生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうふくてん【降伏点】

応力の増加がほとんどないのに、急に歪が増して永久歪となる時の応力の値。物体に働く外力がその物体の弾性限界をこえると出現する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の降伏点の言及

【加工硬化】より

…すなわち,塑性変形に伴い転位が増殖され,それが不均一な分布となり,互いにもつれ合うことで運動する転位に対する障害となり,それ以上の転位の運動が抑制されるために変形抵抗が増す。したがって,一度,塑性変形を受けてきた材料はその応力範囲で弾性挙動を示し,もとの材料より降伏点(塑性変形開始点)は高まって,塑性変形を起こしにくくなるとともに破断伸びが小さくなって,いわゆるかたい性質を呈する。加工硬化を生じた金属はかたく強くなるが,もろくなる。…

【塑性】より

…体心立方金属のような硬い金属や半導体結晶は,顕著な降伏を示す。降伏を起こすときの応力を降伏応力,あるいは降伏点というが,これは物質固有の量ではなく,熱処理の条件など履歴に依存し,また試料の含む不純物にも関係する。不純物を含むとふつうは硬くなるので,これによる硬化は固溶体硬化と呼ばれている。…

【弾性】より

…また金属などでは弾性限度をこえて応力を加えた場合,応力が一定に保たれていても変形が連続的に進むようになる。このときの応力を降伏点という。 外力を加えて生じた応力が弾性限度内であっても,力を取り除いて元の平衡状態に戻るまでには有限の時間を要する。…

※「降伏点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

降伏点の関連キーワードストレッチャー・ストレーンナノインデンテーション法ひずみ時効(歪時効)カルマンの有効幅式バウシンガー効果リューダース帯ねじり試験引張り試験レオロジー制震構造調質圧延高張力鋼圧縮試験キルド鋼材料試験極限強さ金属疲労熱疲労安全率熱応力

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

降伏点の関連情報