コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碑像 ひぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碑像
ひぞう

中国で北魏の頃から造られた石仏像の一種。石碑の正面,碑陰,碑側に線刻あるいは浮彫で仏像を彫刻し,あわせて銘を刻したもので,東魏にいたって盛行した。碑には砂岩石灰岩を用い,大きさは1~3m。碑首には伝統的な竜首を用い,碑面数段に区画し,三尊仏や五尊仏などを仏龕 (ぶつがん) の中に彫ったり,あるいはジャータカ (本生話) や仏伝図などを絵画的に浅く浮彫したものなどがある。東魏武定元年銘仏碑像,西魏坐仏五尊碑像,北斉天保2年銘坐仏九尊碑像などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

碑像の関連キーワード燕岐地方石仏碑像モニュメントギベルティ大通公園仏像彫刻老君像

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碑像の関連情報