コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碑像 ひぞう

1件 の用語解説(碑像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碑像
ひぞう

中国で北魏の頃から造られた石仏像の一種。石碑の正面,碑陰,碑側に線刻あるいは浮彫で仏像を彫刻し,あわせて銘を刻したもので,東魏にいたって盛行した。碑には砂岩や石灰岩を用い,大きさは1~3m。碑首には伝統的な竜首を用い,碑面を数段に区画し,三尊仏や五尊仏などを仏龕 (ぶつがん) の中に彫ったり,あるいはジャータカ (本生話) や仏伝図などを絵画的に浅く浮彫したものなどがある。東魏武定元年銘仏碑像,西魏坐仏五尊碑像,北斉天保2年銘坐仏九尊碑像などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碑像の関連情報