コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碓氷勝三郎 うすい かつさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

碓氷勝三郎 うすい-かつさぶろう

1854-1916 明治-大正時代の実業家。
安政元年生まれ。明治8年北海道根室にわたり,食料雑貨商,昆布採取業などののち,20年魚介類の缶詰業をはじめる。エビ・カニ肉の酸化をふせぐ硫酸紙による内包技術を開発し成功した。大正5年死去。63歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

碓氷勝三郎の関連キーワード大正時代北の勝実業家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

碓氷勝三郎の関連情報