コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧雲荘 ヘキウンソウ

2件 の用語解説(碧雲荘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へきうん‐そう〔‐サウ〕【碧雲荘】

京都市上京区にある邸宅。昭和3年(1928)、野村財閥の創設者である野村徳七の別邸として建てられた。国の重要文化財野村碧雲荘

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

碧雲荘

民家兼アパートとして使用されていた東京都杉並区天沼にある日本家屋。昭和初期に建てられた2階建ての木造建築で、作家・太宰治(1909~48年)が36年11月から翌年6月まで最初の妻・初代と共に2階に居住していたことで知られる。太宰はここで代表作『人間失格』の原型とされる短編「HUMAN LOST」を執筆。後に『富嶽百景』でも2階から眺めた富士山の姿を記している。建物は当時の姿のまま残されてきたが、2015年4月、杉並区が複合施設を建設する目的で所有者から土地を取得。建物は売却されていないが、16年度に施設の着工が予定されていることから、建物の保存を望む地元住民や太宰の研究者らが移築を視野に引き取り手を探している。

(2015-6-5)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碧雲荘の関連情報