コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村徳七 のむら とくしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村徳七 のむら-とくしち

1878-1945 明治-昭和時代前期の実業家。
明治11年8月7日生まれ。家業両替商証券業に転換し,日露戦争後の投機巨利をあげる。大正8年大阪野村銀行(現大和銀行),14年野村証券を設立するなど,野村合名を中心とする野村財閥を形成した。貴族院議員。茶,能に造詣(ぞうけい)がふかかった。昭和20年1月15日死去。68歳。大阪出身。大阪商業中退。号は得庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村徳七
のむらとくしち
(1878―1945)

野村財閥の創設者。大阪の小両替商、初代野村徳七(1850―1907)の長男に生まれる。幼名は信之助。市立大阪商業学校(現大阪市立大学)の予科を中退。1904年(明治37)に野村徳七商店を父から受け継いで証券業を開始し、日露戦争後の熱狂相場で巨利を得る。1907年、2代目徳七を襲名、1917年(大正6)に株式会社野村商店に改組した。1918年には大阪野村銀行(のちの大和(だいわ)銀行、現りそな銀行)、1925年に野村証券、1933年(昭和8)に野村信託、1934年に野村生命を発足させ、1922年に設立した野村合名を司令部として、金融財閥を目ざした。他方で、ボルネオに農場とゴム精製工場、スマトラにヤシ園とコーヒー農園、ブラジルにコーヒー農園を経営し、野村東印度(インド)殖産株式会社を設立した。大正末期から総合財閥化を目ざし、山林土地、製靴、鉱業、航空機、製鋼、ゴムなどに手を広げたが、十分な展開をみないうちに敗戦を迎え、野村合名は解体された。徳七は茶人(号は得庵)と能役者としても高名で、京都の碧雲(へきうん)荘という別荘は有名である。また、京都市左京区に徳七が収集した茶の湯、能関係の美術品を一般公開している野村美術館がある。1928年から第二次世界大戦敗戦まで貴族院議員を務めた。[三島康雄]
『村上順二編『野村得庵』全3巻(1951・伝記編纂会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野村徳七の関連キーワード野村ホールディングス[株]コスモ証券[株]大和銀行[株]岩井コスモ証券野村証券(株)野村証券[株]岩本 栄之助野村美術館田中 竹子コスモ証券田中竹子高倉藤平実業家碧雲荘

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android