コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村財閥 のむらざいばつ

3件 の用語解説(野村財閥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村財閥
のむらざいばつ

金融資本を中心とし昭和初期から第2次世界大戦中に発展した新興財閥の一つ。 1906年2代目野村徳七が家業の両替店を廃止して野村株式店を創業,日露戦争以後投機で巨利を収め,17年野村商店に改組。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

大正~昭和初期に証券,金融業を中心に発展した財閥。大阪の大阪屋両替店を前身とする。日清戦争後に2代目当主野村徳七(1878‐1945)が株式売買業務進出を推進し,日露戦争期から第1次世界大戦期にかけて,調査部を活用しながら株式取引を舞台に急速に資産を拡大していった。それを基礎に第1次大戦期には事業の多角化を開始して,1917年従来の野村徳七商店を株式会社野村商店に改組し,翌18年大阪野村銀行(資本金1000万円)を設立(1927年に野村銀行に改称),25年にその証券部を公債・社債取引を業務とする野村証券(資本金500万円)として独立させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

第二次大戦前、野村徳七が築いた財閥。野村合名を持株会社に銀行・証券業に進出した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野村財閥の関連情報