野村財閥(読み)のむらざいばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村財閥
のむらざいばつ

金融資本を中心とし昭和初期から第2次世界大戦中に発展した新興財閥の一つ。 1906年2代目野村徳七が家業の両替店を廃止して野村株式店を創業,日露戦争以後投機で巨利を収め,17年野村商店に改組。 18年大阪野村銀行 (資本金 1000万円) を設立,その後金融部門以外にも繊維工業,ホテル業など多分野に進出。 22年一族の出資により野村合名会社を設立して傘下企業の統轄会社とし,25年証券部門を分離して野村證券設立,さらに野村信託,野村生命などを設立し,日中戦争前後に野村合名会社を中核に銀行,信託,生命保険など金融資本を中心とした財閥に発展したが,産業部門は福島紡績,大阪瓦斯のほかは貧弱であった。第2次世界大戦後解体されたが,野村銀行は大和銀行改称し中堅都市銀行として,野村證券は業界のトップ企業として成長している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

大正~昭和初期に証券,金融業を中心に発展した財閥。大阪の大阪屋両替店を前身とする。日清戦争後に2代目当主野村徳七(1878‐1945)が株式売買業務進出を推進し,日露戦争期から第1次世界大戦期にかけて,調査部を活用しながら株式取引を舞台に急速に資産を拡大していった。それを基礎に第1次大戦期には事業の多角化を開始して,1917年従来の野村徳七商店を株式会社野村商店に改組し,翌18年大阪野村銀行(資本金1000万円)を設立(1927年に野村銀行に改称),25年にその証券部を公債・社債取引を業務とする野村証券(資本金500万円)として独立させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

第二次大戦前、野村徳七が築いた財閥。野村合名を持株会社に銀行・証券業に進出した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android