コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村財閥 のむらざいばつ

3件 の用語解説(野村財閥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村財閥
のむらざいばつ

金融資本を中心とし昭和初期から第2次世界大戦中に発展した新興財閥の一つ。 1906年2代目野村徳七が家業の両替店を廃止して野村株式店を創業,日露戦争以後投機で巨利を収め,17年野村商店に改組。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

大正~昭和初期に証券,金融業を中心に発展した財閥。大阪の大阪屋両替店を前身とする。日清戦争後に2代目当主野村徳七(1878‐1945)が株式売買業務進出を推進し,日露戦争期から第1次世界大戦期にかけて,調査部を活用しながら株式取引を舞台に急速に資産を拡大していった。それを基礎に第1次大戦期には事業の多角化を開始して,1917年従来の野村徳七商店を株式会社野村商店に改組し,翌18年大阪野村銀行(資本金1000万円)を設立(1927年に野村銀行に改称),25年にその証券部を公債・社債取引を業務とする野村証券(資本金500万円)として独立させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のむらざいばつ【野村財閥】

第二次大戦前、野村徳七が築いた財閥。野村合名を持株会社に銀行・証券業に進出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村財閥の関連キーワードオリックス昭和町両替商日本証券金融中部証券金融芦別幸田露伴(こうだ・ろはん)古町東京都小平市松井憲三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野村財閥の関連情報